つどい


高校奨学生と保護者のつどい

目的およびこれまでの経緯

本会設立翌年の昭和45年度に始めた「つどい」は、交通遺児という同じ境遇にある奨学生同士が一堂に会し、親睦を深める場として、日ごろ打ち明けることのできない悩みや思いを語り合うことによって仲間をつくり、互いの成長の糧にしてもらう趣旨で設けられました。

当初は、高校奨学生と大学奨学生の二つの「つどい」がありましたが、平成6年度、ともに諸般の事情により中断に至りました。

5年後の平成11年度に、高校奨学生を対象とした「つどい」は、名称を「高校奨学生と保護者のつどい」として、保護者も参加するという形で復活されました。家計の不安、子どもの進路などについての相談相手がいない保護者の方の情報交換の場としても活用されています。

平成15年度からは、広域での交流ができるように全国を3ブロックに再編し、在学中に1回は参加の機会が巡るように改めました。平成24年度からは全国一括開催としてどの地区からも在学中に1回の参加機会を得られるようになりました。平成26年度からは、多くの参加者の希望もあり、在学中は何度でも参加できるようになりました。また平成27年度からは、従来の小学生以下に加え中学生の同伴者の交通費、宿泊費も当会で負担しており、中学生以下の子どもたちは、希望すれば高校奨学生を対象としたグループワークゲームにも参加できるようになっています。


平成28年度「高校奨学生と保護者のつどい」(報告)

期  日 平成28年8月20日(土)~21日(日)
場  所 グランドプリンスホテル新高輪
スケジュール (8月20日)
13:00~14:55 講演会
15:10~17:00 グループ別懇談会(保護者)
          グループワークゲーム(高校奨学生)
18:00~19:30 懇親会(夕食会)
19:30~21:00 個別相談会〔希望者のみ〕
(8月21日)
07:00~09:00 朝食
09:00~12:00 移動、心塾見学〔希望者のみ〕
参加者 高校奨学生63名、保護者69名、同伴者15名、計147名

※当日の概要は、「君とつばさ」平成28年10月10日号をご参照ください。

<当日の模様>




<参加者の声>

1.高校奨学生
青森県 Tさん
◆語学研修の仲間と会えて楽しかった。

埼玉県 Yさん
◆グループワークゲームは、一つひとつがとても楽しく、時間が過ぎるのを早く感じました。グループのみんなと協力して一つのことを成し遂げることで、協調性を学ぶことができたと思います。参加できてほんとうによかったです。

東京都 Sさん
◆このような場を作ってくださり、ありがとうございます。

愛知県 Mさん

◆いろいろな子とお話ができて、すごく楽しかったです。グループワークゲームでより仲良くなれて、すごくよかったです。

京都府 Mさん
◆楽しかった。

福岡県 Iさん
◆同じ経験をした人の話をあまり聞く機会がないため、聞けてよかった。

福岡県 Mさん
◆同じ経験をした先輩奨学生の話を聞くことができて、とてもよかった。


2.保護者
北海道 Kさん
◆いろいろな人の話を聞くことができて、よかった。

北海道 Uさん
◆親子で旅行気分を味わえて、楽しい思い出を作れて、嬉しいです。このような機会を与えてくださり、ありがとうございました。

青森県 Mさん
◆同じ経験の人に会え、いろいろな話や考えを聞くことができる、また、よそではなかなか聞けないことも、ここでは聞くことができる。とてもよいと思います。

茨城県 Oさん
◆懇談会でいろいろな人の話を聞くことができて、とてもよかったです。

東京都 Hさん
◆必ず一度は出席しないといけないと思い参加しましたが、すごくよかったです。また来年も、できたらぜひ出席したいです。

東京都 Nさん
◆スタッフの方たち、心塾の学生たちの温かさに感心しました。とても有意義な時間でした。

愛知県 Iさん
◆学生寮心塾について、場所、施設内容などを知りたくて参加しました。塾生の方の話も聞けて、よく理解できました。

奈良県 Kさん
◆自分だけがつらい気持ちではなかったんだ、日本全国で同じような経験をした方々が一緒にがんばっている、と思うと、勇気が湧いてきます。

大阪府 Mさん
◆来年は最後になるので、子どもとまた、できれば参加させていただきたいです。また1年、地元に帰ってから、がんばれます。

大阪府 Nさん
◆話を聞き、私もがんばらねば、という気持ちになった。

大阪府 Tさん
◆初めて参加した時は、どんな感じだろうと思っていたのですが、2回目、3回目になってくると、今度は、今度は、といった感じで、いろいろと勉強になることが多かったです。

広島県 Yさん
◆たくさんの人に会えることで、考え方の幅も広がり、いろいろ刺激を受けることができた。

愛媛県 Oさん
◆子供たちに、自分と同じ境遇の人たちがいること、皆それぞれがんばっている姿を見せたかったため、参加した。つどいに参加して、交通遺児育英会のありがたさを改めて感じた。ありがとうございます。

福岡県 Iさん
◆話を聞き、自分自身のことを思い返して、今までのこと、いろいろな辛いことも乗り越えるパワーをもらいました。

熊本県 Yさん
◆自分と一緒の気持ちの人たちがいっぱいいるのだと思い、心を癒されました。

宮崎県 Fさん
◆最初は、親子で話す機会になるので、また、奨学金、心塾に関心があり、参加しましたが、3回目は、交流により同じ経験をした人の話を聞いて、これからの生き方のプラスにできればと思い、参加しました。このようなつどいに参加させていただいて、ほんとうに感謝です。ありがとうございました。