高校奨学生の声

読む楽しさを知って充実した日々を送る

山口県 3年 丸山 真輝

 小中学校では読書が嫌いだった私が、今興味を持ち始めました。きっかけとなった一番感動した小説を紹介します。それは『君が落とした青空』(櫻いいよ著 スターツ出版文庫)です。
 この小説では、主人公である女子高生が中学のときから付き合っていた彼氏とのデートでケンカをしてしまい、彼氏が途中で帰る際に、事故に遭ってしまいます。主人公の彼女が彼氏を助けようと、事故のあった「その日」が繰り返されていきます。そして「その日」が繰り返されていくうちに、彼氏の謎や秘密、知っているようで知らなかった彼氏のことが明らかになっていくというストーリーです。
 読みはじめたときは、「その日」が繰り返されていくことに、私もムッとくるような感情に陥りました。しかし最後ら辺では彼氏のことを知り、主人公の気持ちが最初の場面と変わり、事故に遭うシーンや涙を流すシーンが、私の心にも響いてきて、涙が出そうなくらい感動しました。
 本を読む楽しさを知った今は、とても充実しているように感じます。これからの日々を大切に生活したいです。

このページの一番上へ

SEEDS参加 大学で研究の夢

兵庫県 2年 北前 勝哉

 大阪大学で「SEEDSプログラム」に約1年間参加しました。同プログラムでは、大阪大学理数系学部の先生方の講義を受け、受講生たちとディスカッションして互いの考えを深め合い、同大の留学生から母国の文化を英語で教えてもらい、生の英語に触れる機会も得ることができました。
 私はこのプログラムで、将来の夢である大学教授になることをより意識させられました。今まで見たことのないような実験装置などすごい施設環境の中で研究が行えたことを、とても嬉しく感じ、自分も将来はこういう環境で研究がしたいと思いました。
 ある講義で、「一つの分野ばかり詳しく他の分野は知らないという人より、幅広く多方面の分野に精通している人材が必要だ」と聞き、理数科目だけでなく英語や国語も必要だと感じ、今までより意識的に勉強するようになりました。
 また、私は生徒会役員として大きな企画を担当しました。それは、学校に留学生を招き英語学習をするというものですが、そこで、自分の英語能力のなさを痛感し、最近は英語をしゃべれるようになることを目標に勉強しています。

このページの一番上へ

高2の夏休みを利用し、英国に短期留学

山梨県 3年 岩本 夏実

 高2の夏休みを利用し英国に1か月短期留学しました。現地の学校に毎日通い、多くの国から来ている高校生や大学生と交流しながらの生活。いちばん苦労したのは、最初は伝えたいことが伝えられなかったことです。日本人がほとんどいなかったので不安で積極的になれず、周りとの壁を感じました。そのとき、ホ ームステイ先が一緒のスイスから来た生徒が、私の英語をゆっくり何度も理解するまで聞いてくれ、「あなたの英語はすごく良い。もっとたくさん話をして」と言ってくれました。それからは自分からどんどん話しかけていくようにし、世界中から来ている同い年の高校生と、それぞれの文化や考えを語り合い、日本では経験できないことをたくさん学びました。この留学で私は大きく成長しました。思っていることは口に出さなければ伝わらない。英語で伝えることは簡単ではないです。夢を叶えるためこれから先も、もっと英語を使う機会に触れて力を伸ばしていきたいです。

このページの一番上へ

研究テーマは、高校周辺の酸性雨について

奈良県 3年 北岡 柾人

 理科部の先輩の指名で2年になるとき部長になりました。兼部しているメンバーは部長になれず、残りのメンバーの中では、まだ自分の意見を言えたので指名されたようでした。部をまとめる経験は初めてで、イベントがあるごとに人員の配置を決めたり、決定事項の責任を持たされたりと、大変なことが多く、最初はと まどいましたが、それなりに良い経験になったと思います。理科部のメインの活動はサイエンスチームの活動です。サイエンスチームというのは、理系離れが進んでいるので少しでも理科に興味を持ってもらえるように奈良県の公立高校の生徒が集まり、それぞれ自分たちで決めたテーマで研究を進め、最終的に参加メンバーや先生、大学教授の前で発表するという活動です。理科部のメンバーは半強制的に参加することになっているのです。
 僕の研究テーマは、通学する生駒高校周辺の酸性雨について調べることです。地形や気象状況によってどのような変化があるのかを研究しています。2年の夏休み前から始まった研究ですが、特に難しいのは酸性雨を集めることです。降り始めの1oの雨しか研究には使えないので、その採取がなかなかできません。
1回目の発表が2年の2学期の終わりにあり、2回目の発表が3月末にありました。なかなか思うようにいかず焦りました。
 このサイエンスチームの活動は3か年計画で、僕自身3年になり、後輩に引き継いでいかなければならない立場。今できることを精一杯やって、悔いのないようにしたいと考えています。

このページの一番上へ

建築士になるのが夢 父が住みやすい家を

新潟県 2年 阿部 凪沙

 私は中学校のときから建築士になりたいと考えていました。物心がついたときから、父は杖を突いて歩いていました。
 大きくなって両親に理由を聞くと、私が生まれて10か月のときに、不運にも交通事故に遭い、右足に障害が残ったと知りました。
 足の痛みが常にあり、生活に不便を感じながらも、家族のためにできることを精一杯してくれて、家族をまとめてくれる良き父です。
 建築士になりたい理由は、父がゆっくりと湯舟に入りたいと言っていることと、これから父が年を重ねていっても生活がしやすい家を造ってあげたいと思うからです。
 物作りは元々好きで、新築の家に興味があり、テレビ番組「ビフォーアフター」では、匠のアイデアに感動します。何より依頼者の喜びの顔を見れば、いい仕事だなと感じます。その仕事ぶりを見て、重機に乗ってみたいとも思いました。その姿がとてもかっこいいですから。住む人の生活スタイルに合わせた家造りがとても素晴らしく、これこそ、新しい物作りだと感心しました。
 IT社会でコンピューターや機械が進化する中で、私は人間にしかできない職人になりたいと考えています。人に感動と喜びを与える、人とのつながりを大切にする仕事に就きたいと考えています。


このページの一番上へ

何かにぶつかったら 解決のヒントが本に

東京都 3年 砂田 悠里

 ヨ―スタイン・ゴルデル作『ソフィーの世界』が愛読書だった。ファンタジー小説の形をとりながら哲学史を教えてくれる。非常に珍しい本として、世界各国でベストセラーになった。
 物語は、14歳の少女ソフィーが、差出人不明の手紙を受け取るところから始まる。手紙には1行、「あなたは誰?」とだけ書かれている。ソフィーは、ここから自分を見つめ直していくことになる。
 哲学という敷居の高い世界を、少女が知っていくストーリーは、初心者の私にも分かりやすかった。ソクラテスやプラトン、アリストテレスが、何につまづき何に光を当てたかを、かみ砕いて説明してくれている。
 この1冊を手にするまで、哲学に興味はなかった。難しそうなテーマをあれこれいじくり回す学問だ、と勝手に思い込んでいた。確かに奥の深い分野で、結論はそう簡単には出ないものだ。だからこの1冊を読んだところで、私は入口に立っているだけだろう。ただ、なぜ、私が存在するのか、世界はどこから来たのか、こんな疑問を持つことを教えてくれた。答えは何でも構わない。考えることが重要だ。
 自分、他人、存在、神、恐れ。これらを考えていくと、周囲の人たちへの理解や寛容さを生み出す。この1冊を読んでからは、人にやさしくなれたような気がする。自分が絶対だと思わなければ、誰かの間違いにも冷静に対応することができる。何かにぶつかったときには、またこの本を開けようと思う。解決のヒントをデカルトやフロイトに教えてもらえるかもしれないからだ。


このページの一番上へ

7月アメリカへ、1年間の留学が楽しみ

青森県 2年 高橋 瑠伊

 僕の興味は英語です。小さいころから、英語を流暢に話す人を見て「かっこいいなあ」と思っていました。もっと英語に浸ってスラスラ読んだり書いたり話したりできるようになりたいと思い、進学先にいまの高校の英語科を選びました。
 入学後は毎日が充実しています。僕はバスケットボール部に入部しています。勉強と部活の両立は疲れもたまり、眠気も時々あったりして決して楽ではありません。しかし、友に恵まれ、やりたいことがはっきりしていて、それに対してがんばれる自分は幸せ者だと心底思います。部活では、目標に向かってチームもまとまってきました。英語も点数が上がり、スピーキング能力も上がったと実感しています。今年の7月にはアメリカに1年間留学が決まっています。自分の英語力がどこまで通用するのか、その期間にどれだけ成長するのか、先は長いですが、楽しみです。
 強いて悩みを言うなら、1年間もの留学への不安ですが、それもちょっとしたことなので大丈夫です。僕は困難にぶち当たったとき、ポジティブに考え乗り越えてきました。むしろ困難があればあるほど、乗り越えただけ成長できると思っています。このポジティブ思考は、自分の長所だと思います。


このページの一番上へ

資格や技術を基盤に、やりたいことを

東京都 3年 菊地 貴英(たかひで)

 将来の夢は「自分のやりたいことを仕事にする」ということです。しかしその「やりたいこと」というのは、具体的に決まっているわけではありません。
  生物学と心理学、現在勉強しているIT関係など、興味のある分野が幾つかありますが、将来的にはこの興味のある分野を開拓し、「やりたいこと」となるように発展させていきたいです。そのために、高校では各分野についてたくさん勉強し、理解を深めていこうと思います。
 しかし、「やりたいことを仕事にしたい」というのは誰もが考えています。そんな理想論だけを掲げていては話になりません。不安定な夢を追いかけるには、現実的にそれを支える「保険」が必要です。比較的就職率の高い工業高校に通っているのでそこで大事な資格や技術を身に付けて自分の強みとすることで、「保険」を作りだそうと考えています。将来起こりうる「夢を諦めざるを得ない状況」に備えるにあたり、いちばん重要な時期はいまなのだと思います。
 進学・就職を少しでも有利にするため、資格取得に励んでいます。昨年はITパスポート試験(ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験)にDD第三種(ブロードバンドインターネット等デジタルデータ伝送に関わる接続を範囲とする工事担任者資格)の勉強も始めました。資格は一度取得すれば一生ものとなるので、積極的に挑戦する価値があると思います。もちろん資格だけでなく、学校の定期考査のほうもクラス1位を維持できるようにがんばっています。
 私に進学する機会を与えてくれた交通遺児育英会、そして両親には、とても感謝しています。立派な社会人になることで、恩返しをしていきたいです。

このページの一番上へ

看護師の夢をあきらめない

岐阜県 2年 鈴村 春奈

 看護師を目指しています。通っている学校は進学校ではないため、普通科で履修するようなことが十分に学べません。そのため、進学を目指す生徒を対象に放課後に行われている補習を受けることが大切だと思います。また、自分では分からないことがたくさんあるので、先生に相談して納得のいくように進路を決定したいです。
 まずは授業中に先生の話をしっかり聞き、テストでは上位に入るよう懸命に勉強し、たくさんある検定や資格試験を受けながら勉強する癖をつけて、国家試験の練習になればと思っています。
 勉強の息抜きには、2015年のワールドカップからはまっている男子バレーを見て、リフレッシュしています。看護師になる夢を絶対に諦めないでがんばりたいです。

このページの一番上へ

吹奏楽部に所属 オーボエに夢中

愛知県 2年 松本 彩見(あみ)

 吹奏楽部に所属しています。高校は全国を目指すような強豪校で、私もそれを期待して入学しました。パートはオーボエです。地域の演奏会に参加し、夏は高校野球の県大会で演奏し、日本テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」にも参加しました。
 また、交通安全イベントでも演奏しました。愛知県は交通事故が多いので、こうしたイベントを大々的にやりますが、交通遺児育英会の奨学金を利用している私が交通事故防止の活動に参加でき、良い体験になりました。被害者家族の気持ちが分かる分、もっと事故防止を訴えたいという気持ちになり、心を込めて演奏しました。

このページの一番上へ

部活中心の3年間 引退は名残惜しい

三重県 3年 倭 晴菜(やまと はるな)

 3年間はとても早く過ぎたと感じています。夜遅くまでバドミントンの部活動をして帰ってきてご飯を食べて、お風呂に入る日々の繰り返しで、部活中心の生活。よくがんばったと思います。
 1年のときから一人で先輩方の練習に加わったりしました。週に2回の外練では夏場は5キロ、冬場は8キロの長距離走をしてきました。練習はつらくて、えらくて、夏休みも冬休みもほとんどなかったけれど、がんばってきた分、いざ終わるとなると名残惜しかったです。部活で多くのことを学ぶことができました。いろいろな場面で心を強くしてくれたように思います。
 学校では、とても気の合う友達もできて毎日が楽しかったです。将来の選択も悔いのないようにしたいです。

このページの一番上へ

アメリカ語学研修で「多文化」を実感

兵庫県 2年 嶺山 和希(かずき)

 高校生活は、初めは慣れるのに時間がかかり、友達作りもうまくできませんでした。通学時間も2時間かかり、課題へのストレスから、逆流性食道炎という病気に悩まされました。
 しかし、さまざまな学校行事を経験するうちに、本当に良い仲間ができ、いまでは毎日が楽しくて仕方がありません。
 私の高校は、いわゆる「普通科」ではなく「国際科」なので、学校内でのカルチャーショックも多々あります。ラジオ体操を英語でしたり、百人一首大会の読み札も英語で読まれ、日々の生活の中で自然と英語に親しみやすい環境が整えられています。周りの友達も皆、同じような目的をもって通っているので、勉強も集中しやすくて、本当に良い学校だと実感しています。
 そんな学校生活を送るうちに、自分の英語力を試してみたいという気持ちで、アメリカ語学研修に参加しました。初日からホストファミリーと私の間にハプニングがたくさんありましたが、いま思えば、それもすべてよい思い出です。
 私のホストファミリーはメキシカンの方々だったので、日々の生活言語はスペイン語でした。家族同士で話されると何を言っているのか分かりませんでしたが、ホストの方々は、私に話しかけるときは、英語を使ってくださいました。周りの友達とは少し違った体験ができたおかげで、よりいっそう、誰よりも「多文化」というものを感じ取れたと思っています。
 これからも世界に目を向け、さまざまな経験を通して、夢に近づけるよう精進していきます。

このページの一番上へ

当たり前が当たり前ではなくなる

群馬県 3年 横堀 雄一

 私は、いままで全くと言っていいほど読書をしてこなかったが、毎回、現代文の定期テストであまり良い点数が取れずにいたので、読解力を高めようと、友人から薦められた東野圭吾の『秘密』(文春文庫)を読み始めた。
 この作品は、親子3人の奇妙な「秘密」の生活を描く。ある日、実家へ向かう妻と娘を乗せたバスが転落し、妻は亡くなり、娘は奇跡的に助かった。ところが、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは死んだはずの妻であった。その日から残された夫と娘(妻)の切なくて不思議な生活が始まる。
 この本を読んで、大切な家族の1人を失った夫の気持を考えると、とても胸が痛くなった。私も幼稚園の年長組のときに父を亡くしてとてもつらい思いをしたのだ。母から父が亡くなったと告げられた瞬間のことは、10年以上たついまでも鮮明に覚えている。当たり前のようにいた父が突然亡くなったという事実を、どうしても受け入れられなかった。これが、自分の人生の中で初めての、「当たり前だったことが当たり前でなくなった瞬間」であった。
 「たくさんの当たり前が当たり前ではなくなる」ことが、これからもたくさんあると私は思っている。例えば、いま毎日のように一緒にいる友だちも、高校を卒業すれば、離ればなれになるだろう。その当たり前でいられるいまを、精いっぱい楽しみながら生き、後悔のないようにしたいと思う。

このページの一番上へ

自分の思いを伝える大切さ

大阪府  2年 寺奥 みそら

 私は、いままでけんかをあまり経験せずに、努めて平和に過ごしてきました。元々、言い合いがとても苦手で、それを避けるために、機嫌を悪くさせないようにと、相手に合わせることに必死でした。
 このままで本当によいのかと思うことは何度もありましたが、そのような自分を変える自信もなく、ずるずると高校の生活に突入していました。
 ところが、1年夏の3週間のアメリカ語学研修でその文化に触れ、自分も変わろうと決意したのです。現地の人は積極的で、思ったことはすべて口に出して、はっきりと言い切っていました。そんな姿を見て、思ったことを怖がらずにいうべきだ、と改めて気付かされたのです。
 帰国した私は、出発前とは打って変わり、自分の思いに自信を持てるようになりました。
 ある日、部活で同期生だけの話し合いの場があ り、自分の思いを伝えようとしました。でも、いざその場になるとできませんでした。そして、3人とぶつかってしまい、その後しばらくは、互いに目があっても話すこともなく、一緒に帰ることもなくなりました。
 その間は本当につらく、あまりのつらさに3人が帰ったあとに泣いてしまいました。
 それを見た先輩の1人が、私の思いを聞いて、「嫌やろうけど、話し合ったら」とアドバイスをしてくれました。しかし、自分から話しかけることには抵抗があり、なかなかできませんでした。
 そうしていると、相手の1人が話しかけてくれたのです。私は自分の思いを伝え、その日のうちに仲直りできました。「思っていることは堂々と言ってくれた方が良いよ。その方がお互い悩まずに済むから」と相手に言われました。
 このけんかから、自分の思いをしっかり伝える ことの大切さを学び、友だちを持つことのありがたさを身に染みて感じました。

このページの一番上へ

日本食の良さを海外に広めたい

宮崎県  3年 高見 翼

 一昨年は米国語学研修という貴重な体験をさせていただきました。私は管理栄養士を目指していて、他の国の食文化を知りたいという理由で応募しました。
 3週間の研修では、食文化の違いをじかに感じることができ、仲間を作ることの大切さも知ることができました。研修で共に過ごした仲間は、何か特別で、これから先も長く付き合っていきたいと思っています。
 また、ホストマザーをはじめとする現地の方々の温かさ、優しさを身に染みて感じました。
 この経験を通して、改めて管理栄養士を目指したいと思ったし、それに加えて新たな夢もできました。それは、日本食の良さを海外に広め、また、世界で飢餓に苦しんでいる子どもたちを助けたいというものです。
 私にできることは小さなことかもしれませんが、身に付けた自信と誇りをもって、実現できればいいなと願っています。
 そのためにも、大学進学に向け勉学に励まなければと思います。
 いよいよ受験シーズン。明確な目標を見つけ、がんばっていきます。

このページの一番上へ

長生きできるように体と心のケアを

青森県  2年 松嶋 桃加

 福祉関係の仕事に就くのが夢です。取れる資格は、できるだけ取りたいと思っています。2年進級前にコースの選択があり、私は介護や保育などについて学べる「未来創造コース」に進みました。
 授業では多くの介護施設や保育園を見学し、実習体験をします。中学で福祉体験の授業があり、保育園で小さい子の世話をしたり、介護施設で年配の介護士と一緒に作業したりして、大変だけど楽しいと思ったことが、進路選択の決め手となりました。
 いま、介護士と保育士の人員不足が社会問題になっています。一方で、介護士や保育士による利用者への虐待の報道も目にします。
 どうしてこのような行為をしてしまうのか、その理由のほとんどが「言うことを聞いてくれなかったから」や「うるさくしていたから」だそうです。でも、それだけの理由でいじめるなどあってはいけないことだと思います。
 こういう状況で、なぜ自分が福祉の仕事に就きたいか、人手不足というのもありますが、周りの年配の人が長生きできるように体と心のケアをしてあげたいと思うからです。世話されている人自身が家事など生活面で少しでも自立できるようにサポートしていければと思います。

このページの一番上へ

いつか母と祖母にお小遣いをあげたい

大阪府 2年 濱田 健太

 小学2年から野球をやっていて、高校でも野球部に入部。ポジションはピッチャーとセンターで、1年の夏から先輩に混じり公式戦に出場しています。冬の練習のときに次のキャプテンをやってみないかと言われ、びっくりしました。兄も同じ高校の野球部で副キャプテンをやっていたのです。初めはすごく不安でしたが、いまは兄に負けないようにキャプテンとしてがんばっています。
 昨年卒業の兄は陸上自衛隊に入隊しました。ボーナスが出て帰省したときに、母と祖母にお小遣いをあげている姿を見て、いつか僕もと思いました。兄のように自衛隊に入ろうかなと少しだけ考えたりもしますが、将来の進路についてはまだ決めていません。
 いまは、高校生活を目いっぱい楽しみながら成長していければと思っています。祖母と母、兄と私の4人家族。事故で亡くなった父のことは、生後10か月だった僕には何の記憶もありません。
 これからも「あしながおじさん」にいっぱい助けていただくことになるかと思いますが、感謝の気持ちでいっぱいです。

このページの一番上へ

英語のスピーチ・ コンテストに出場

長崎県  3年 吉福 愛哉音(あやね)

 昨年、米国への語学研修に参加させていただき、ホームステイを通して、お金にはかえられない貴重な価値のある経験をしました。米国ではたくさんの仲間と出会い、自分が英語力のないことも痛感しました。
 それをきっかけに、もっと英語をがんばろうと強く決意し、学校の先生の勧めもあって、長崎県の商業学校が集うスピーチ・コンテストに出場しました。
 それまで、私の高校は一度も出場したことがなかったので、コンテストがどのようなものかまったくわかりませんでした。学校のテスト期間とも重なり、英検も近い時期であったので、私はあまり練習ができずに本番に臨んだのです。
 コンテストの結果は奨励賞。初出場で練習不足もあり残念な結果になってしまったので、次に挑戦するときはしっかり練習して出場しようと思っています。
 この1年間は本当に充実していました。その分、忙しかったけど、忙しいときが一番充実しているのだと、いまは思います。
 行きたい大学は、大体決まっています。希望は私立で、特待生として合格できればと願っています。あまりお金がかかり家族に迷惑がかからないように、勉強を一生懸命がんばりたいです。

このページの一番上へ

将来の夢は警察官になることです

東京都  3年 菊地 幸秀

 将来の夢は警察官になることです。特に、交通課の警察官になりたいです。母は私が生まれる前に交通事故に遭い、足に障害が残ってしまいました。そんなハンディを背負いながらも、パートをしつつ家事をして、私たち兄弟3人を育ててくれました。そうした苦労を知っているので、私は警察官になって、人々に交通安全教室などを通して交通事故への高い意識をもってもらい、交通事故のない町にしたいと思っています。
 そのためには、大学へ進学してさまざまなことを学びたいです。学校では早朝の「朝勉」という活動があります。それに参加する一方で、電車通学の時間も英語を覚えるなど、隙間の時間を活用して勉強に励んでいます。
 最後に、いつも夜遅くまで働いている父、足が不自由ながらも毎日弁当を作って家事をしてくれる母、育英会の「あしながおじさん」に、感謝を申し上げます。

このページの一番上へ